公益財団法人 矢野恒太記念会

よくあるご質問

Q1.統計データブックの刊行時期はいつですか?

A1.

『日本のすがた』 毎年3月。
『日本国勢図会』 毎年6月。
『世界国勢図会』 毎年9月。
『データでみる県勢』 毎年12月
となっています。
『数字でみる日本の100年』は, 2013(平成25)年3月17日に改訂第6版を刊行しました。

 

Q2.統計データブックはいつから発行していますか?

A2.

『日本国勢図会』 1927(昭和2)年 初版発行。
『世界国勢図会』 1985(昭和60)年 初版発行。
『データでみる県勢』 1988(昭和63)年 初版発行。
『日本のすがた』 1970(昭和45)年 初版発行。
『数字でみる日本の100年』 1981(昭和56)年 初版発行。
戦前から発行を続けている『日本国勢図会』をはじめ,各書籍ともこれまで多くの版を重ねています。

 

Q3.掲載しているデータはどんなものですか?

A3.

当財団が採用しているデータは,主に政府,各省庁,国際機関,各業界団体が公表するデータで,内容に信頼性が高く,
また,継続的に取得可能なデータを採用しています。

 

Q4.各書籍に掲載されている最新のデータとはいつのデータですか?

A4.

各書籍の奥付*に表記のある日付より約一か月前までに公表となった統計を掲載しています。
本の編集が終了してから印刷,製本に約一か月の期間を要します。
(*奥付とは,本の巻末にある書名,出版年月日,編集・発行,定価,印刷所等が書かれているページのことです。)

 

Q5.昨年版と比較すると,数値が変わっているものがあるのは?

A5.

各種の統計調査には,速報,概数,確定値など,集計が進んだものを順次公表するものがあります。
そのため,当財団の書籍で,速報値として掲載したデータを,次年度版で確定値に修正することがあります。
また,当財団発行の各データブックの間で,同一年次のデータが違う場合もあります。
これは各データブックの発行月が異なることから得られるデータに差があるからです。

 

Q6.数値が変わる理由はほかにもありますか?

A6.

統計調査は,社会情勢の変化に応じてその手法が変化します。
産業分類などのように統計の定義,範疇の見直しがあった場合や,物価統計などのように基準年次が変更されると,
それに合わせて古いデータを遡及し改訂する場合があります。

 

Q7.テーマによってデータの年次が古いのは?

A7.

5年に一度実施される国勢調査や,住宅・土地統計調査,社会生活基本調査,3年に一度の患者調査などのように,
数年に一度行われる統計調査のデータは,公表時から年月を経るとどうしてもデータが古くなります。
また,こうした統計は調査が大規模で集計に労力を要するため,調査結果のすべての公表まで数年かかる場合もあります。
さらに,毎年実施される統計でも,GDP統計などのように,集計作業に時間がかかる統計は,
公表年次が直近でない場合もあります。

 

Q8.内訳と合計が一致しないのですが?

A8.

元データを千,万,億などの単位に繰り上げて表示する場合,単位未満の数値を四捨五入しますが,
その際に切り上げたり,切り捨てたりすることによって,誤差が生じるためです。

 

Q9.内訳の%を足し合わせても100%にならないのですが?

A9.

%の表示を小数点第1位までとした場合,小数点第2位の数値を四捨五入しますが,
その際に切り上げたり,切り捨てたりすることによって,誤差が生じるためです。
なお,当財団の書籍では,「その他」の項目がある場合を除き,内訳の合計が100%となるよう調整しておりません。

 

Q10.データの項目ごとに順位番号を付けてほしいのですが?

A10.

順位番号を付けるとその分スペースが必要となり,大切なデータの掲載量が少なくなることから,
項目ごとに順位番号を付けていません。
しかし,生産統計や貿易統計など順位付けのある方がより理解が深まるテーマについては,
最新年次を基準にデータの大きい順に配列した表やグラフを作成しています。

 

Q11.重要な語句やデータを太字やラインで示してほしいのですが?

A11.

当財団の各書籍は,一般の読者を対象としており,最新のデータをもとに経済,社会情勢を分かりやすく解説することを目的として発行しています。
各書籍いずれも学習参考書としての役割を持たせていないこと,重要個所の指摘自体が困難なことから,太字やライン引き等を行っていません。
信頼できる統計を使って,正確なデータブックを編集し,読者の皆様に提供する。こうした編集方針が多くの方々に支持され,当財団の書籍が各方面で引用されるようになったと考えています。

 

Q12.書籍の内容について質問があるのですが?

A12.

お手数ですが,編集室まで直接お電話いただくか,あるいは,各書籍の読者カードに質問事項をご記入の上,ご返送ください。ご質問の内容によってはお答えできない場合もございますので,ご了承賜りますようお願い申し上げます。
編集室 電話:03-5221-7405

 

Q13.乱丁(ページの順番がちがう)・落丁(ページがぬけている)本を取りかえてほしい?

A13.

大変申し訳ございません。お手数ですが,事務局までご連絡いただければ,送料当財団負担にてお取りかえ致します。
住所 〒100-0006  東京都千代田区有楽町1-13-1第一生命本館
公益財団法人 矢野恒太記念会 事務局

事務局 電話:03-5221-7403

 

All Rights Reserved.Copyright(c)2011.YANOTSUNETAKINENKAI